お役立ち情報 その6「第二外国語(中国語/アラビア語)」

新入生の皆さん、こんばんは!
第二外国語の紹介も今日で3日目。

本日は、中国語とアラビア語の紹介です。

 

______________________

#中国語

「なんだかんだ、中国語が一番いい。」

新入生のみなさん、こんにちは!教育学部新2回生の會澤(あいざわ)です!
私の一番言いたいことは、1文目に書きました。
二外界隈の中で中国語は、「とりあえず中国語にしとくか」と選ばれがちですが、せっかく学ぶなら「結局○○語でよかった!」と思えたほうがいいですよね。
この記事では、「中国語がどんな人におすすめか」「中国語の危ない落とし穴」を書いていきます!自分にあった言語かどうか、考えてみてくださいね~。
他の第二外国語についての記事も順次公開されています!ぜひご覧ください。

京都大学の第二外国語(略して二外)は、一般教養科目の一部です。理系は1年(初級のみ)、多くの文系は2年(初級と中級)勉強します。
文法の授業が一コマ、演習の授業が一コマで、週2回第二外国語と触れ合います。1回生のうちはクラス指定科目なので、日時と先生が自動的に決まります。(ちなみに、中国語はここが一番難関です。)
ちなみに、去年の教育学部1回生の中国語履修者は回生全体の38%で最も多かったですね。他の学部も同じくらいではないでしょうか。

 

では早速、中国語が一体どんな人におすすめか見ていきましょう~!

①暗記系が苦手な人
街を歩いていると、中国語で書かれた標識や商品をよく見かけますよね。今度時間があれば、ぜひ解読してみてください!実は、漢字がほぼ一緒だったり、なんとなく読めてしまったりします。ここが一番の中国語おすすめポイント!中国語で使われる簡体字と、普段私たちが使っている漢字と紐づければ、テスト前に単語帳と一緒に寝なきゃいけない、なんてことはありません。ちゃんと授業を受けていれば、例文で何度も登場する語句はスッと覚えることができるでしょう。
また、中国語の簡体字の多くは「一語一音」です。例えば、「京」という字は「jing」と発音します。これを覚えておけば、「京」という字が出てきたらすぐに読めるようになってしまうんですね~。日本語のように「京」が「きょう」「みやこ」「けい」と読むという紛らわしい事態は、例はありますが少ないです。音読みがそのまま中国語の発音になっていることもあるので簡単ですね!

②歌が上手な人・音読が好きな人
中国語には「あ→」「あ↗」「あ↘」「あ↘↗」の四つの読み方があります。これ、自分が発音するのは難しくないのですが、聞き取るのが難しいのです。
また、中国語には日本語にはない独特の発音があります。皆さん、舌を上ぞりにして、口の上側にギリつけない状態で歯を「イ」の形にして息を出してみてください。これが「sh」の発音です。私たちがよく使う「さ・し・す・せ・そ」とは全然違いますね。これをリスニングしたり、発音したりするのに、最初はてこずるかもしれません。
実は歌がうまい人は聞いた音を自分で発音できると言われています(諸説あり)。そんな人は中国語にぴったり!先生からも褒められ、ちゃんと伝わる発音ができること間違いなしです。また、歌や発音が苦手でも、ちゃんと声に出して発音し続ければ、コツをつかんできっと上達していくことでしょう。

ここまで中国語のいいところをおすすめしてきましたが、中国語にも落とし穴があります…。
先述しましたが、授業内容・課題の重さなどは先生によりけりであること。中国語は履修者が多い分、教授もたくさんいらっしゃいます。一概に、「中国語は簡単だ!」と言えない理由はここですね。一回生のうちはクラス指定なので、同じ学部の先輩に聞いてみるのが一番早いです。
(ちなみに、赤松先生はちゃんと勉強してる人には優しい超楽単、二宮先生はめちゃめちゃ可愛らしい方で、分かりやすく丁寧に文法の説明をしてくださる普通単です。ご参考までに。)

中国語は、覚えるのが苦手で、可愛い発音が好きな私にとっては天国でした。正直なところ、私は「とりあえず中国語にした勢」なので、本当にラッキーだったとしかいえませんね。
新入生の皆さんにとって、一年、人によっては二年以上付き合っていく言語選びの参考になっていれば幸いです!

京都大学が出している、中国語紹介のページです。↓
https://www.z.k.kyoto-u.ac.jp/freshman-guide/language/chinese

 

 

______________________

#アラビア語

السلام عليكم! أنا اسمي دايكي تاغوما ، أنا طالب في كلية العلوم في جامعة كيوتو
(アッサラーム アライクム! 京都大学理学部の田熊大輝です!)
今回は第二外国語のアラビア語を紹介します!(僕が受けたのは2019年度です。以下、3年前の情報であることにご注意ください。)みなさんご存知の通り、アラビア語は京大の二外の中ではマイナーです。でも、アラビア語の話者は多く、主に使用している国は20か国以上あって、世界の中ではメジャーなんですよ!

そうは言ってもやはり、アラビア語は他の二外の言語と比べて、学んでいる日本人の数が少なく、日本語で書かれているアラビア語の文法書も少ないです。ですが、裏を返せば、二外でアラビア語を選択できる京大には、日本国内では数少ない、アラビア語を学ぶチャンスがあるということです。これが、僕がアラビア語を選択した一つ目の理由です。
また、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語は英語に似ている(インド・ヨーロッパ語族)し、中国語は日本語の漢字に近いものを使うし、朝鮮語の文法は日本語に似ているので、京大の二外の中で自分から最も遠い言語はアラビア語であったと言えます。ということは、アラビア語を学ぶことでより幅広い言語に親しみを持てることにつながります。例えば、将来、ヘブライ語を学びたい!となったときにはヘブライ語に近い、アラビア語を学んでいれば、始めやすいでしょう。加えて、幅広い言語を知っていれば、多様な角度から物事を視ることができます。同じ物事でも、それぞれの言語を使う人たちの背景によって、感じ方は違うはずです。

そして、担当してくださる岡真理先生がおもしろい先生だという噂も聞いていました。文法も演習も全クラス、初級のアラビア語を教えてくださるのがこの先生です。(※注意:2022年度の演習の授業ではネイティブの先生も一緒に来てくださるそうです。)
岡先生は、現代アラブ文学やパレスチナ問題に特に詳しい方です。また、カイロ大学への長期留学、大使館での勤務の経験を活かしたおもしろい話をたくさんしてくださります。しゃべるのもうまいのでついつい聞き入ってしまいます。他の言語はクラス指定があり、先生によって優しい先生、厳しい先生、おもしろい先生、退屈な先生がいて、言わば当たりはずれがありますが、アラビア語は教員が当たり教員1人しかいないです!そして、多くの学生にアラビア語はお勧めされています。Twitterであれば、「京大 アラビア語」「岡 アラビア語」などと検索をしてみると色々なクチコミが見られますよ。

↑高校の国語の教科書(『精選国語総合改訂版現代文編』、『精選現代文B改訂版』、『ちくま評論選』(いずれも筑摩書房))には岡先生の文章が載っているとかいないとか…。

 

講義はまず、アラビア語の文字、発音を覚えることから始まります。丁寧に教えてくれるので、心配はいりません。それから教科書や映像、スライドなどを使ってアラビア語を教わります。たまに、先生がネイティブの方を連れてきてくださることもあります。講義ごとにPandAに予習復習のプリントをアップしてくれているので、それをやっておけば授業の内容についていけます。前期の最後の方には文章が読めるようになってきて、自分の成長が楽しかったです。
試験については、先生がPandAに模擬問題をアップしてくれるので、それを完璧にしておけば単位はくるでしょう。ほとんど似た問題が出ます。また、講義にしっかり出席していれば、出る問題を教えてくれます。同じ先生ですが、文法と演習でそれぞれ1回ずつ期末試験があります。また、たまに中間テストや小テストが実施されます。

↑授業で使う教科書、通称赤本。

 

ちなみに、文法と演習で科目が分けられていますが、実際は、あまり区別しないで(文法の時間でやった続きを演習の時間にやる、といったような)講義が進むこともあるので片方しか履修しない、というのはほぼ不可能だということに注意が必要です。
文法も演習もそれぞれ2クラスずつありますが、どちらも同じ進度です。なので、例えば、火5の文法クラスを元々入れていても、突然そこに予定が入ったときには、火4の文法クラスに出席することで同じ内容が学べ、出席記録も認められます。講義に行くコマを柔軟にかえることができます。
また、履修登録の際にも、クラス指定などはなく、自分でアラビア語の講義を入れるコマを決められるので、それ以外の好きな講義のコマ被りを避けられ、自分の好きな講義をたくさん取ることができます。特に、理学部で言えば、こうすることで、メジャー二外言語を選んでいたら取れなかったはずの、上回生配当の講義を取ることもできます。

以上のことから、すべての新入生にアラビア語をおすすめします!アラビア語はおそらくほとんどの人が初めてで、わからないことだらけだと思いますが、この壁に挑戦することを楽しんでほしいです! 

岡真理先生が躍動する二外の先生の座談会はこちら↓(他の言語担当の先生も出ていて、結構参考になります)
https://www.z.k.kyoto-u.ac.jp/freshman-guide/language/discussion

京都大学のアラビア語紹介ページ↓
https://www.z.k.kyoto-u.ac.jp/freshman-guide/language/arabic

 

______________________

第二外国語紹介も明日で最後。最終回はドイツ語とスペイン語を紹介します!お楽しみに!

 

これまでの記事はこちらから↓

お役立ち情報 その4「第二外国語(フランス語/朝鮮語)」

お役立ち情報 その5「第二外国語(ロシア語/イタリア語)」