お役立ち情報 その19「学部・学科情報(建築)」

新入生の皆さん、こんばんは!

本日は、工学部・建築学科の紹介です。

 

_____________________

こんにちは。ボート部新2回生の井上陽平です。僕は工学部建築学科に所属しています。今回の記事では1回生の前期、後期の時間割について紹介したいと思います。(もしかしたら去年と違う部分があるかもしれない)

前期

後期

 

建築学科ではどれだけ単位が必要かなどはクラシスを見る、もしくはボート部公式ツイッターにDMを送って質問してください。ただひとつ言わせてください。「1回生の時はそこまで考えなくても何とかなる。」というのも建築学科の一回生の時間割は元からほとんど埋まっています。(30単位取れる中で26単位埋っている。)なので基本的には元から入っている科目プラス2科目とる、という流れの人が多い気がします。

 

まず専門科目以外については、数学や物理などがありますがほとんどが建築学科みんなで受けるものです。なので課題やテストについては学科の友達に助けてもらいながらいけそうです。去年はオンライン形式やレポートへの変更があったのであまり参考にならないかもしれないですが、前期の物理学基礎論ははっきり言ってきついです。一部の人はこの授業を切って2回生以降に楽な先生で授業を取り直すそうです。(テスト前頑張れば取れないこともないが)他の科目は基本的に出席したり課題を出すことで容易に単位がとれそうです。

 

次にお待ちかねの専門科目です。建築学科の特徴として挙げられるものが1回生から専門科目のウエイトが大きいということです。特に建築造形実習にはかなりの時間を使います。この授業では前期は手書き図面を引き、専用ソフトを使いCG作成をします。後期は手書き図面や建築模型の作成をします。クオリティにこだわらなければ一瞬で課題が終わりますが、多くの人はかなり時間を使っている印象があります。建築学科には製図室という24時間週7日空いている教室(1回生から使える)があるので提出前に徹夜をして課題を進める人もそれなりにいます。製図室のおかげで同じ学科の人と交流する機会が多く建築学科は他の学科に比べて学科内の仲がいいらしいです。

造形実習については大変なイメージがありますが課題さえ出せば単位はとれます。またなんだかんだ楽しいので心配する必要はないと思います。

 

細かい科目の質問などあればボート部公式ツイッターにDMを送ってもらえればわかる範囲でお答えしようと思います。

______________________

これまでの記事はこちらから↓

お役立ち情報 その4「第二外国語(フランス語/朝鮮語)」
お役立ち情報 その5「第二外国語(ロシア語/イタリア語)」
お役立ち情報 その6「第二外国語(中国語/アラビア語)」
お役立ち情報 その7「第二外国語(ドイツ語/スペイン語)」

お役立ち情報 その8「学部・学科情報(経済)」
お役立ち情報 その9「学部・学科情報(地球工)」
お役立ち情報 その10「学部・学科情報(理)」
お役立ち情報 その11「学部・学科情報(物理工)」
お役立ち情報 その12「学部・学科情報(森林)」
お役立ち情報 その13「学部・学科情報(法)」
お役立ち情報 その14「学部・学科情報(教育)」
お役立ち情報 その15「学部・学科情報(人健)」
お役立ち情報 その16「学部・学科情報(応生)」
お役立ち情報 その17「学部・学科情報(情報)」
お役立ち情報 その18「学部・学科情報(地環)」

 

🌸~🌸~イベント情報~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~🌸~
ビンゴ大会、新入生交流会、ボート部説明会にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!
京大ボート部ではまだまだ沢山のイベントを開催します㊗

 

ボートレース


ボート部新歓の最大イベント、ボートレースが4/3~4/6に開催決定!!
一生に一度の経験をしてみませんか?ぜひご参加ください😀

 

履修相談会

悩める新入生のため、総勢約50名の京大ボート部員が全力であなたの履修登録をサポート!
日時はお好きな時間を指定していただけます。ぜひご参加ください!