ボート競技とは

水上最速

ボート競技は簡単に言えば、テコの原理で後ろ向きに進む競技です。仕組みは簡単ですが、最高で時速20km以上で水上を進むことができ、人力では水上最速を誇る競技です。ボートはよく見るとかなり細い形をしていますが、これは水の抵抗をできるだけ抑えるためです。オールも流体力学の観点から選手が出した力を逃しにくい形状になっています。この競技に関わる全てのものはより速く水上を進むためにあるのです。

時速20kmって速くない?と思った人は一度でいいから漕いでみてください。水の上をすべるような感覚できっとそれ以上のスピードを感じることができるでしょう。

究極のチームスポーツ

数多くあるスポーツの中でボートは究極のチームスポーツと言われます。ボートにもちろんパワーは重要ですが、オールの動きをぴったり合わせないと艇は速く進みません。オールが水面に入るタイミングやオールの軌道など繊細な動きと高い技術が必要ですが、全員の動きがあった時の水上を駆ける疾走感はボートの醍醐味です。

ボートに乗っているメンバーをクルーと呼び、特に一番前で漕いでいるメンバーを整調と言います。みんなが整調の動きに合わせることになるので、整調はクルーの中でも漕ぎがうまくなければ務まりません。

女子クォド。艇上で自分たちの意見を共有している。時々楽しく、でも真剣に。

スカルとスイープ

1人がオールを2本持っている艇のことを「スカル」と言います。1人が1本のオールを持っている艇のことは「スイープ」と言います。スカルはオールを2本扱う分、コントロールが難しく、スイープは艇の反対側を漕ぐ人と息を合わせないといけないので、どちらも慣れるには時間がかかります。

オールの長さはスイープの方が長く、スカルが2.8mであるのに対し、スイープは3.7mもあります。ちなみに艇の長さはエイトで17m。初めて見た人はびっくりするかもしれません。

左がスイープ、右がスカル。中央に立つ身長174cmの部員とはこんなにも差がある。

レース

例外を除き、ほとんどのレースは2000メートルのタイムレースで行います。ボートの花形種目で最速のエイトでは、約6分でゴールできます。写真は日本ボート協会の聖地である埼玉県の戸田漕艇場です。全日本級の大会はほぼすべてここで行われます。ここで勝利するため、部員は日々練習に励んでいます。

夕焼けの戸田。コースの左右には各大学の艇庫が並ぶ。

 

次ページ:漕手とCOX