合宿所

琵琶湖のほとり、日本三大古橋の一つ「瀬田の唐橋」のそばに建つ合宿所は、その名の通り部員の生活スペースとなっています。生活に必要な機能はほとんどそろっていて、嬉しいことにWiFiまで完備してあります。

合宿所の入り口。

入口

合宿所の玄関。入ってすぐには栄光の数々が掲げられています。また日々のタイムの記録も張りだされています。タイム計測結果が張り出されるときは掲示板の前に人だかりができます。

栄光の数々。「日本一」の表彰状を加えたい。

主務部屋

パソコンが7台も常備されていて、日々スタッフが仕事に励んでいます。これだけの台数のパソコンが設置されている大学は珍しいです。複合機もあり、部内向けの広報誌(濃青)印刷に一役買っています。主務部屋での会話はスタッフの楽しみのひとつで、楽しくワイワイと作業しています。

エッセン部屋

レースを勝てる強い身体を作るには、バランスの取れた食事をしっかり摂ることが不可欠です。ボート部では日々の食事「エッセン」と呼び、合宿所の1階にあるエッセン部屋で食べます。エッセン部屋は部員の憩いの場で、仲間と話をしながら食べるエッセンは格別に美味しく、エッセン部屋で笑いが絶えることはありません。

毎日たわいもない話で盛り上がる。
エッセン部屋には洗剤など生活必需品が置かれている。写真はプロテインのシェイカー。そこは体育会、愛飲者も多い。

厨房

大人数の部員のエッセンを作れる厨房があります。スタッフが通常よりも大きな道具でエッセンを作ります。一度に5.5升も炊ける炊飯窯や、直径1mもある鍋などがあります。

大人数の食事を作るため、スタッフは料理の腕が自然と上がる。
厨房にある調理道具。釜も木べらも家庭用のものよりはるかに大きい。

宿泊スペース

2,3階は部員の宿泊スペースになっていて、部員が各々の部屋で気持ちよさそうに寝ています。寝る部屋だけでなく、勉強部屋もあり、試験前は勉強に励む部員の姿をよく見かけます。

休むボート部員。気持ちよさそう。部屋によってはこたつもあるとか・・・