艇庫

ボートの保管庫のことを艇庫といい、京大には2つ艇庫があります。

大艇庫。大艇庫の上は観覧席になっていて、景色を一望することができる。
小艇庫。

その中に所有する大小約70のボートが置かれており、全国を見てもこれだけの数のボートを持っている大学はなかなかありません。ボートは軽量化のためにカーボン素材でできていて、非常に高価です。500万円以上するものもあり、ボートを雑に扱うことはご法度です。

8人乗りの艇と4人乗りの艇を収めている、大艇庫。
1人乗り、2人乗りの艇(小艇)が収められている、小艇庫。1回生全員分のシングルがある。これほど、艇の数が多い大学は珍しい。

オールももちろん艇庫の中にしまっています。そのほかにも数々のボートの部品、整備するための工具類も豊富にそろっているのが京大の艇庫の特徴です。選手それぞれのロッカーもあります。

オール置き場。京大のオールの色は濃青。伝統ある色で、東大の「淡青」と対になっている。

2つの艇庫の間の広場は、艇の整備をしたり、乗艇前や後のミーティングをしたりと有効活用されています。

乗った後の艇の整備中。写真の通り、大量の艇を置けるほど広いスペースがある。
乗艇後の話し合い。練習中の反省点等を言い合い、次につなげる。